浮気による離婚請求についてネットで調べると、「裁判離婚で勝つためには、浮気の証拠が必要です」といった記述が多く見受けられます。

ではそもそも、「浮気の証拠」とはなにを指しているのでしょうか。

じつは、法律上は「浮気の証拠」といった言葉はありません。

また、そもそも「浮気」といった言葉も法律上は使いません。

法律の条文では、「浮気」は「不貞な行為(一般的には不貞行為)」と呼ばれています。

民法770条を見てみましょう。

第770条
1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

民法770条第1項第1号に、社会一般でいうところの「浮気」は、法律上は「不貞な行為」と記載されています。

そして、不貞行為があれば、離婚の訴えを提起できると明記されています。

つまり、「不貞行為の証拠」がなければ、裁判を起こしても勝ち目はない(離婚請求は認められない)ということです。

ではそもそも、不貞行為とは、法律上はどのような意味なのでしょうか。

まず、不貞行為の法律上の意味は、「配偶者のある者が、他の異性と性的関係をもつこと」をいいます。

つまり、単に交際しているカップルではなく、結婚していることが条件であり、且つ、浮気相手が異性であることが必要です。

そして、問題となるのは、「性的関係」の意味です。

法律上の性的関係とは、セックスのことを指し、キスや抱擁、胸を触る、オーラルセックス等の性類似行為は含まれません。

つまりは、性器の結合(セックス)があって初めて不貞行為があったと認められるのです。

とすれば、不貞行為の証拠とは、二人の間にセックスがあった証拠という意味になります。

では、どんな証拠を集めれば、不貞行為があったと認められるの?

上で、セックスがあったことの根拠=不貞行為の証拠と説明しましたが、そもそも、セックスしているところの写真や動画なんてそうそう簡単に手に入りませんよね。

ホテルや浮気相手の部屋に乗り込んで撮影するわけにもいきませんので。

もちろん、これまでの判例でもその点は考慮されていて、「セックスがあったと強く推認できるだけの証拠」があれば、不貞行為があったと認められています。

つまり、実際にセックスしている映像がなくても、「恐らく二人の間ではセックスがなされたであろう」と思われる証拠があれば良いということです。

どのような証拠がそれにあたるのかは、このサイトを熟読していただけたらと思います。

また、不貞行為といった法律用語よりも、「浮気」の方が皆さんに馴染みやすいと思いますので、このサイトでは「不貞行為の証拠」のことを、「浮気の証拠」と置き換えて解説していきます。