夫や妻が浮気をしていたことを知ったとき、頭に血が上って相手に罵声を浴びせたり問い詰める人は多いでしょうし、そうなるのは当然の感情の表れでしょう。

しかし、これから先を考えたときにこの行動は正解ではありません。

感情的になって浮気していることを問い詰めたがために警戒されて尻尾を出さないように行動されてしまっては、離婚や慰謝料請求に必要な浮気の証拠の確保が難しくなります。

まずは気持ちを落ち着かせて、「旦那(嫁)の不倫の証拠を確保して、離婚するか、慰謝料請求して相手と別れさせて夫婦関係をやり直すか考えよう」と冷静になることが大切です。

ここでは、そもそも浮気の証拠とはなにか、そして、「これは浮気の証拠になるものなのか?」という疑問に一つ一つ丁寧に解説していきます。

全部読むのに7分ほどかかります。

そもそも浮気の証拠とはなにか

浮気による離婚請求についてネットで調べると、「裁判離婚で勝つためには、浮気の証拠が必要です」といった記述が多く見受けられます。

ではそもそも、「浮気の証拠」とはなにを指しているのでしょうか。

じつは、法律上は「浮気の証拠」といった言葉はありません。法律の条文では、「不貞行為」と呼ばれています。

民法770条を見てみましょう。

第770条
1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

民法770条第1項第1号に、不貞行為があれば、離婚の訴えを提起できると明記されています。

不貞行為の法律上の意味は、「配偶者のある者が、他の異性と性的関係をもつこと」をいいます。つまり、単に交際しているカップルではなく、結婚していることが条件であり、且つ、浮気相手が異性であることが必要です。そして、「性的関係」とは、セックスのことを指し、キスや抱擁、胸を触る、オーラルセックス等の性類似行為は含まれません。

 

では、どんな証拠を集めれば、不貞行為があったと認められるのでしょうか。

そもそも、ホテルや浮気相手の部屋に乗り込んで撮影するわけにもいきませんので、セックスしているところの写真や動画なんてそうそう簡単に手に入りませんよね。

もちろん、これまでの判例でもその点は考慮されていて、「セックスがあったと強く推認できるだけの証拠」があれば、不貞行為があったと認められています。つまり、実際にセックスしている映像がなくても、「恐らく二人の間ではセックスがなされたであろう」と思われる証拠があれば良いということです。

そこで、この後に、「これって不貞の証拠になる?」と思われるものをひとつづ紹介していきいますので、一緒に見ていきましょう。

また、不貞行為といった法律用語よりも、「浮気」の方が皆さんに馴染みやすいと思いますので、このサイトでは「不貞行為の証拠」のことを、「浮気の証拠」と置き換えて解説していきます。

「これって浮気の証拠になるもの?」の疑問に回答します

ラブホテルへの出入り写真

ラブホテル(ファッションホテル)への出入り写真が撮影できれば,浮気の証拠として、裁判においても最も強力な証拠の一つと言えます。そして、慰謝料や離婚請求が完全に認められるには,各種判例的に1回のラブホテルの出入り写真で十分とと言われています。

ラブホテルは、ビジネスホテルやシティーホテル等と違い、通常は男女が性的行為をすることを前提としているため、たった1回の出入りでも決定的な浮気の証拠として裁判でも扱われます。
※探偵社の中には、「ラブホテルへの出入り画像でも、1度だけでは訴訟で勝てませんよ」と説明をするところがありますが、 調査日数を稼いで、利益を得るための『嘘』です。

また、訴訟のように大げさな方法をとらなくても,その画像や映像を浮気相手に見せて直接交渉する方法もあります。その際に、浮気相手が全面的に肉体関係を認めた謝罪文や誓約書,録音データを得ることができれば,ラブホテルへの出入り画像とあわせてより強固な証拠になります。

なお、浮気の証拠として認められるためには、男女が一緒にラブホテルに出入りする様子の写真や動画が必要となります。

「では、時間差で別々にラブホテルに入っていったら、一緒に入ったわけじゃないから証拠にならないの?」と思われるでしょうが、それは違います。

浮気調査をする際は、必ず、男女二人が合流し、ホテルに行くまでの間も撮影して記録し続けます。それらの撮影画像があれば、たとえ二人が時間差でラブホテルに入った場合でも、一連の流れからして、二人が同室に入ったという強い推測が働きますので、裁判で負けることはありません。

領収書やポイントカードは証拠にならない

ラブホテルの領収書やポイントカードを発見!!浮気確定!!と普通は思いますよね。たしかに、一人で利用することなんて普通は考えにくいと思います。

ただ、実はラブホテルの領収書やポイントカードだけでは、浮気の証拠にはなりません。

なんで?と思うかもしれませんが、実はラブホテルは一人でも休憩や宿泊ができるのです。(ホテルによっては一人での入室を禁止しているところもあります)

例えば、出張の際にビジネスホテルの予約がとれなかった場合や、疲れた時にちょっと一休みしたいといった人が利用するようです。

浮気をした本人は、慰謝料を取られたくない、あるいは離婚したくないといった理由で、たとえラブホテルの領収書やポイントカードを突きつけられても、上記のような言い訳をする人が多いようですね。

その場合、決定的な不貞の証拠として、慰謝料や離婚請求が認められることは非常に困難となります。

浮気の証拠以外の使い道はある

また、ラブホテルの領収書やその他の領収書は、実は、探偵や興信所に浮気調査を依頼する時に、料金を安くすませるための情報源としての使い道もあります。

なぜなら、浮気をする人は、毎週同じ曜日や時間に浮気相手と会うことが多いので、ラブホテルの領収書の日付から、会う可能性の高い曜日を割り出すことができます。

また、ラブホテルの領収書以外にも、飲食店やコンビニ等で二人分の食事や飲み物を購入していると分かるような怪しげな領収証やレシートがあったら、その領収証の日付や時刻、店の名前等が分かるように、それらも写メで保存しておいて下さい。

浮気調査を依頼する時に、調査対象者の行動する可能性の高い曜日や時間、立ち寄る可能性のある飲食店等が分かっていれば、調査日数や調査時間を短縮でき、浮気調査の料金を低く抑える事が出来るからです。

浮気の証拠の4つの役立て方

ここでは、浮気の証拠を得るとどんなことに役立てることができるのかについて見ていきます。

1.慰謝料請求

浮気をしたパートナーと離婚するにしてもしないにしても、やっぱりケジメはつけさせたいですよね。もちろん、パートナーの浮気相手にもです。

ケジメのつけさせ方として、精神的損害による慰謝料請求をするのが一般的ですが、日本では「証拠裁判主義」がとられているため、その際には必ず「浮気の証拠」が必要となります。

2.裁判離婚

話し合いや調停を行っても、相手方(不倫をしたほう)が離婚をしたくないと主張した場合には、裁判で離婚することを争わなければなりません。

これを裁判離婚と言いますが、強制的に離婚を認めてもらうためには、「離婚事由」という、離婚を認めるだけの正当な理由が裁判で求められます。

浮気・不倫(法律上は「不貞」といいます)は「離婚事由」として法律で明確に定められているので、浮気の証拠さえあれば、裁判でも離婚が認められることとなるのです。

3.親権獲得

離婚する時に、お子様がいる家庭では親権をどっちにするかで争うことも多いですよね。そんな時も、浮気の証拠は役に立ちます。

裁判で親権問題を争う際にも、「家庭をないがしろにして配偶者以外の異性と肉体関係を持つ人に親権を渡していいものか…」といった印象を裁判官が抱く材料にもなるからです。

4.浮気相手とパートナーを別れさせるツールとして使う

「子供もいるので離婚はできればしたくない」「慰謝料はいいからとにかく相手と別れさせたい」という考えの人も多いのでは?そんな時も役立つのが不貞の証拠です。

「浮気相手と別れないなら離婚もするし、慰謝料もきっちり払ってもらいます!!」とパートナーやその浮気相手に、不貞の証拠を突きつけたらどうでしょう?本気の交際ならいざしらず、遊び気分で浮気していたとすれば、多額の慰謝料を払いたくないので、あっさりと別れてくれることもあるのです。