不倫調査によってラブホテル(ファッションホテル)への出入り写真が撮影できれば,これは決定的な証拠となります。

浮気の証拠として、裁判や裁判外においても、最も強力な証拠の一つと言えます。

浮気の精神的苦痛に対する慰謝料請求が完全に認められるには,各種判例的に1回のラブホテルの出入り写真で十分とと言われています。

ラブホテルは、ビジネスホテルやシティーホテル等と違い、通常は男女が性的行為をすることを前提としているため、たった1回の出入りでも決定的な浮気の証拠として裁判でも扱われます。
※探偵社の中には、「ラブホテルへの出入り画像でも、1度だけでは訴訟で勝てませんよ」と説明をするところがありますが、 調査日数を稼いで、利益を得るための『嘘』です。

また、訴訟のように大げさな方法をとらなくても,その画像や映像を不貞相手・浮気相手に見せて直接交渉する事によって,相手から金銭的賠償を得ることが出来る場合もあります。

浮気相手・不倫相手が全面的に肉体関係を認めて謝罪した,謝罪文や反省文,誓約書,その発言の録音があれば,慰謝料請求が認められる可能性がさらに高まることになります。

ただ、一つ注意点がございます。
ラブホテルへの出入り写真が、浮気の証拠として認められるためには、男女が一緒にラブホテルに出入りする様子の写真や動画が必要となります。
ラブホテルの領収書やポイントカードは不倫・浮気の証拠となるかにも書きましたが、一人でラブホテルに入っただけでは、浮気と認められることはありません。

「では、時間差で別々にラブホテルに入っていったら、一緒に入ったわけじゃないから証拠にならないの?」と思われるでしょうが、それは違います。

浮気調査をする際は、必ず、男女二人が合流し、ホテルに行くまでの間も撮影して記録し続けます。

それらの撮影画像があれば、たとえ二人が時間差でラブホテルに入った場合でも、一連の流れからして、二人が同室に入ったという強い推測が働きますので、裁判で負けることはないのでご安心下さい。