キスは浮気になるか?人によって様々な考えがあるでしょうが、大抵の人は、自分のパートナーが他の異性とキスをすれば、浮気されたと思うのではないでしょうか。

しかし、キスだけで、「法律上の浮気」と認めてしまうと、世の中が混乱することは間違いないでしょう。

例えば 「酔って、キャバクラ等の飲み屋の女性にキスした」 「王様ゲームでキスをするよう会社の上司に強要されて、仕方なくキスした」

それだけで、離婚原因や、慰謝料請求の対象として、法律上の浮気と認められてしまうと、毎日のように訴訟が起こされて、裁判所の機能がパンクすることは目に見えているでしょう。

結論を言いますと、妻や夫が,その不倫相手とキスをしている状況写真は,それ単体では慰謝料請求が認められるだけ浮気の証拠となりません。

なぜなら、浮気の証拠とはでも説明しましたが、法律上、浮気(法律用語では「不貞」といいます)があったと認められるためには、「肉体関係があった証拠」が必要となるからです。

ですので、キスしてい写真はもちろんのこと、浮気相手と腕を組んでいたり、頬を寄せ合っていたり、抱き合っていたりしている写メやプリクラも、それらだけでは浮気の証拠とはならないのです。

たしかに、キスは、よほど親しい間柄でないと交わされることはないと考えられますが、イコール、肉体関係有りとは判断できないのも事実です。

しかし、キスの写真やプリクラは「それ単体」では、裁判で勝てるだけの決定的な浮気の証拠とはなりませんが、他の証拠と相まって、浮気の証拠として強い効力を生じることもあります。