いざ探偵事務所に依頼しようと思いサイトを見て、「探偵の料金ってこんなに高いの!!?」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

探偵や興信所の料金相場で説明したとおり、調査員1名1時間あたりの適正料金はおおよそ6000円~7000円(地方の都市部以外では5000円~6000円)です。

この適正料金での値段設定をしてる探偵社は全体の4分の1程度で、その他はそれ以上の値段設定をしているわけですから、われわれ探偵業界に身を置く者からしてみたらこの適正料金の価格は「リーズナブル」という感覚になります。

しかし、探偵業界を知らない人たちにとっては、「もっと安くできないのか」「他のサービス業と比べてやはり割高なのではないか」と思うのも当然でしょう。

では、なぜ探偵や興信所の料金は、他のサービス業よりも割高なのでしょうか。

適正料金の価格でも割高と思われる方へ

理由の一つとして、「探偵業とは、薄利多売ができない職業」であるからです。

全国には数千社の探偵・興信所がひしめき、お客様の獲得のために切磋琢磨しています。

しかし、その供給量に対して需要はそこまで多くありません。

人が一生のうちで探偵事務所や興信所を利用することは、1度あるかないか…むしろない方の方が多いのはお分かりいただけるでしょう。

事務所を経営するにあたり、人件費・事務所賃貸費、光熱費等々さまざまな費用がかかりますが、適正料金とは、それらの費用を賄うのに最低限必要な金額なのです。

適正料金を下回る費用で経営を成り立たせるとしたら、素人のアルバイト調査員に安い金額で調査させる以外にありません。
(事実、適正料金を下回る費用で依頼を引き受けている探偵社は素人アルバイト調査員を使っていることがほとんどです)

その他の理由として、それなりの報酬を支払わなければプロの調査員が去ってしまうからです。

プロの探偵調査員になるためには、長い年月の経験と忍耐力・精神力が必要となります。

プロの探偵は、調査対象者に気づかれることなく尾行や張り込みをし、さらには決定的瞬間の撮影もそつなく行わなければなりません。

これらの技術を身につけるためには最低でも10年~の経験を積む必要があります。

さらに、真夏の炎天下や真冬の凍える寒さの中、飲み食いも一切せずに何時間でも張り込みするだけの忍耐力と精神力も持ち合わせていないとプロの探偵にはなれません。

ですので、ドラマや映画に感化されて憧れて業界に飛び込んできた者たちのほとんどが半年経たずして探偵業界を去っていきます。
それだけ厳しい世界のザルの網目から振り落とされなかった者だけがプロの探偵として現場で活躍できるのです。

こういったプロの探偵調査員にはそれ相応の対価を支払わなければモチベーションを失い探偵業界を去っていくことでしょう。

そうすれば、一番困るのは依頼者自身となります。
なぜなら、なんの技術もない素人のアルバイト調査員が望む結果をだすことはきわめて困難だからです。

冷たい言い方になるかもしれませんが、適正料金を下回る探偵社をご希望の方はどうぞネットで探してみてください。

もしそのような事務所が見つかって依頼すれば、私の言っていたことの意味が分かってもらえると思います。

なお、今回は探偵料金(適正価格)はなぜ高いのか を解説しましたが、適正価格を上回る探偵社が数多く存在する理由についても一緒に読まれるとより理解が深まると思います。