調査における実費や経費とは,尾行や張り込み、証拠撮影、報告書や報告動画作成等に費やした金額のことです。

下記に記載したものが、実費の代表的なものとなります。

  • 電車やバス、タクシーに乗る運賃
    →対象者の交通手段に合わせて尾行するさいに必要
  • 車やバイクを使用する際の車両費
    →尾行時に、レンタカーやレンタルバイクを使用する時のレンタル料。自社の車両を使用する場合でも車両費を請求する探偵社や興信所もあります。
  • ガソリン代や高速代
    →車両尾行時の燃料代や有料道路利用の経費
  • 車から徒歩での尾行に切り替えた場合に車を停めておく駐車場代
    →対象者が車を駐車させて徒歩で移動を始めた場合、駐車違反とならぬよう調査車両をコインパーキングに停めることもあります。
  • 遊技場(遊園地・映画館等)や飲食店内での調査をする際の入場料や飲食代 
    →浮気カップルのデート時に立ち寄る施設に調査員も中に入って様子を撮影します。
  • 遠方出張で泊りがけで調査する際の調査員の宿泊費
    →出張先や旅行先での浮気調査では数日に及ぶ調査が必要な場合もあり、その際は調査員もビジネスホテル等に宿泊することもあります。
  • 報告書作成費 DVD作成費
  • 機材(ビデオカメラ・盗聴盗撮器発見機器等)使用料

これらが調査の実費と呼ばれるものです。 

実費を利用した高額請求に注意

探偵業界の中には,『実費』を利用した高額請求の悪質な手口があります。

その手口とは,電話やメールでの見積もり段階では低料金で依頼を引き受けるように装い,実際に事務所に赴くと、高額な実費を見積もりに計上し契約させるといったものです。

さらに悪質な探偵社では、調査終了後になってから多額の経費を請求してくることもあります。

調査の実費で高額な契約を結ばせる具体的な手口はこうです。

まず,ホームページを見て,見積り依頼をしてきた人には 「1日○時間の調査で,調査員○名,調査費用合計が○○万円,その他実費のみかかります」と説明します。 

「実費」の部分をサラっと流すように話すのがポイントです。 

実費について詳しい説明は当然しません。 

そして,事務所に足を運ばせたら,悪徳探偵社の勝ちです。 

契約直前になって次のように切り出します。

「車の利用は一日5000円となっておりますので、日数×5000円を別途いただきます」

「当社では,裁判でも使用できるだけのしっかりとした報告書を作成しますので,報告書作成費に○万円かかります」

「調査の動画も必要であれば,DVD作成に○万円,特殊調査機材も使うので○万円も追加で発生します」

一般的に考えれば、メールや電話での見積もり段階では教えてくれなかった、高額な実費をプラスされたら、契約を断って帰るのが普通でしょう。

しかし高額な見積りでも依頼してしまう人が多いのが現実ですなのです。

詳しくは,『高額な調査料金でも契約をしてしまう人の理由』を参考にして下さい。

実費や経費が調査料金にすべて含まれる探偵社に依頼しましょう

このように、探偵業界では、実費を別に上乗せすることで多くの利益を得ようとする手口が蔓延しています。

この手口に騙されないためには、実費や経費が調査料金に全て含まれる料金システムの探偵社を選べばいいだけです。

ネットで探せば、この料金システムの探偵社や興信所も数多く存在しますのでご安心ください。

ただし、いくら実費が込みの料金システムであるからといって、元々の調査費用が高ければまったく意味がありません。

「実費が別だと,幾ら請求されるか分からないから怖い!!」

といった相談者の不安な心理を利用して、実費込みの料金システムにしつつも、そもそもの調査料金が高額設定になっている探偵社が多く存在します。

高額な実費請求の不安を逆利用した集客方法ですので、決してほめられたものではありません(むしろ悪質といえます)。

探偵の適正料金ははたしていくらか、で解説しましたが、

適正料金は、実費全て込みで、調査員1名1時間あたり6000円前後となりますので、原理原則を忘れずにいれば、探偵業界に蔓延する様々な悪徳手口に騙されずに済みます。