浮気調査で確保できた決定的な証拠、いわゆる「不倫の証拠」ですね。

それを得られたとして、何の役に立つのか?有効な活用方法は?

ここでは、浮気の調査によってゲットできた情報が、どんな風に役立てればいいのか?について見ていきたいと思います。

1.慰謝料請求が可能になります

不倫をしたパートナーと離婚するにしてもしないにしても、やっぱりケジメはつけさせたいですよね。もちろん、パートナーの不倫相手にもです。

ケジメのつけさせ方として、精神的損害による慰謝料請求をするのが一般的ですが、その際には必ず「不倫の証拠」が必要となります。

日本では「証拠裁判主義」がとられているため、証拠がないと慰謝料請求が認められません。

2.裁判離婚をする上での根拠となる

話し合いや調停を行っても、相手方(不倫をしたほう)が離婚をしたくないと主張した場合には、裁判で離婚することを争わなければなりません。

これを裁判離婚と言いますが、裁判離婚で強制的に離婚を認めてもらうためには、「離婚事由」という、離婚を認めるだけの正当な理由が裁判で求められます。

じつは、不倫(法律上は「不貞」といいます)は「離婚事由」として法律で明確に定められているので、不倫の証拠さえあれば、裁判でも離婚が認められることとなるのです。

3.親権獲得の際にも浮気の事実は考慮されます

離婚する時に、お子様がいる家庭では親権をどっちにするかで争うことも多いですよね。

そんな時も、不貞の証拠は役に立ちます。

裁判で親権問題を争う際にも、「家庭をないがしろにして配偶者以外の異性と肉体関係を持つ人に親権を渡していいものか…」といった印象を裁判官が抱く材料にもなるからです。

4.浮気相手とパートナーを別れさせるツールとして使う

「子供もいるので離婚はできればしたくない」「慰謝料はいいからとにかく相手と別れさせたい」という考えの人も多いのでは?

そんな時も役立つのが不貞の証拠です。

「浮気相手と別れないなら離婚もするし、慰謝料もきっちり払ってもらいます!!」とパートナーやその浮気相手に、不貞の証拠を突きつけたらどうでしょう?

本気の交際ならいざしらず、遊び気分で浮気していたとすれば、多額の慰謝料を払いたくないので、あっさりと別れてくれることもあるのです。