会社の後輩から夫の浮気の事実を知らされショックで頭を抱え込む女性

私は結婚を機に専業主婦になった、どこにでもいる一般家庭の妻です。

10年前に夫と知り合い、結婚したのはそれから4年後のことでした。今では幼稚園に通う可愛いこどももいて、家族3人で仲の良い家庭を築いてきました。いえ、築いてきたつもりでした。

けれど、実はそうではなかったのだと気付いたのは夫と同じ会社に勤める学生時代の後輩からのメールがきっかけでした。

『先輩の旦那さんが、会社の受付の若い女性社員と2人でいるところを見た』

『旦那さんが今日も受け付けの彼女と話している』

『今日は受付の彼女がささいな用事で仕事中の旦那さんの元へ来ていた』

など、後輩は頼んでもいない夫の浮気ともとれる日常の様子を毎日メールしてくるのです。

最初は何のいたずらかと思いましたが、一度夫の忘れ物を届けに行った際に受付をしていた女性のことを思い出しました。若くてきれいな顔立ちをした、夫の好きそうな傾向の女性でした。

そのことも踏まえ、後輩から知らされる夫の行動から、夫は受付の彼女と浮気をしていると信じてやまなくなりました。そう考えると、色んな箇所でつじつまが合ってきます。

たまに帰りが遅く、連絡がつかない日があること。子どもとは普通に接するも私に対しては以前よりも扱いがひどくなってきていること。何より、私の容姿に関して口うるさく言ってくるようになったことなど、今までは見られなかった夫の行動の変化が、浮気が原因だと考えると納得できてしまいます。

夫に対し、なんの不満もないわけではありませんが、私は子どものためにもこのままの生活を続けることを強く望んでいたので無理に夫を責めるようなことはしませんでした。しかし、そのことを知った後輩はもっと現実を真摯に受け止めるべきだと言い張り、より頻繁に夫の浮気の様子をしたためた内容のメールを送ってくるようになりました。流石にここまでされるのは不愉快だったので、後輩にもう構わないでほしい旨を伝え、さらに後輩からのメールを受信拒否しました。

メールがこなくなるだけでも精神的ストレスが軽減されたようで、ここ最近苛立っていた気持ちが落ち着いていくのが分かりました。しかしながら、後輩の行動は収まらず直筆で手紙を書いて直接ポストに投函してまで夫の浮気の様子について語り始めました。流石に恐怖心を頂いた私は、思い切って東京興信所に浮気調査を依頼することにしました。

まずは本当に夫が浮気をしているかという事実確認を。それを照らし合わせつつ、後輩がこれまで伝えてきた内容に脚色された箇所はないかと調べてもらいました。結果として、夫は浮気、とまではいかない行動はしていました。既婚者だけれども、ソープに通ったり、女性と2人で食事をするなど、極稀に見られる行動で、後輩が伝えてきた内容と明らかに異なっていました。では後輩の方はどうなのかというと、実は夫の浮気相手というのは後輩自身だったのです。

以前から夫のことが気になっていた後輩は、以前親しげに受付の女性と会話している夫を見て、今回の一件を思いついたそうです。目的は、私が夫に対し浮気の疑惑をぶつけさせ夫と別れさせることだったそうです。虚偽の浮気疑惑で問い詰められた夫を支え、自分のものにしようとしていました。

これを聞いた私はすぐに夫の会社に今回の事を告げ、彼女は退職処分となりました。夫とはいうと、後輩の好意には全く気付いておらず、なぜかいきなり退職したことを不思議に感じているようでした。今回の場合い限らず、知らないことの方がいいこともあると思いますので、私は今後も夫にこのことを告げる必要はないと感じています。