妻が浮気をしている時に見られる5つの言動パターン

妻が浮気をしているかもしれない。そう思うのには理由があります。その理由となる行動には、いくつかのパターンがあります。浮気を確定づける言動の中でも特に厳選した、5つの言動パターンをご紹介します。

1.急に携帯を頻繁に利用するようになった

これまであまり携帯に興味を示していなかった人が、急に携帯を気にするようになり、何をしていても手放さないようになると、浮気をしている可能性が高いです。更に、携帯画面をロックして自分以外の人に見られないようにするなど、ロック機能を使ってまで周りを警戒するようになれば、何かしらの秘密があるとみて間違いないでしょう。

携帯料金の請求書が封書で届くようなら、通話料金を確認しまししょう。そこから妻の浮気が始まった時期をある程度特定することができます。

2.覚えのないカードの使用額と請求書が届くようになった

食費など生活費に必要な買い物をするためにと妻に渡していたカードの請求書に、覚えのない購入履歴や使用額が記載されて届けば、誰だって戸惑いますよね。

これは何のために、誰と使用したのか持ち主である夫に断りなく使用する理由は、知られたくないからです。それこそ浮気や不倫の相手と食事やホテルを利用したなど、夫には口が裂けても言えませんよね。購入物にもよりますが、もし不審なカード請求が届くようならまず浮気を疑った方がよいでしょう。

3.何かしら理由をつけて外出する機会が増えた

普段から家の外で仕事をしている、または専業主婦をしている妻が、家を空ける機会が増えたことを浮気の前兆とする考え方です。仕事を理由に帰宅が遅くなるようなら、疑いを持ちつつも仕方ないと思うかもしれませんが、職種や業務内容によっては残業する必要がないところもあります。

専業主婦なら、カルチャー教室の準備やママ友との旅行のために外出すると言うかもしれません。前もって妻の身のまわりの環境を整理し、外出の理由を無理に聞き出すことなく自分で行動の裏付けがとれるようにしておきましょう。

また、妻の機嫌を損ね、強い警戒心をもたれるかもしれませんが事細かに質問して裏付けをとるのも一つの手です。これで本当に浮気であれば、慌てた様子で誤魔化す。または不自然な怒り方をしながら否定する、などの言動が見られます。

4.夜の相手をしてくれなくなった

浮気を疑う原因の一つとして、夫婦間の夜の生活が挙げられます。

互いに恋愛感情を持って結婚し、夫婦となったのなら体の関係は日常的なものとなる場合がほとんどです。けれど、ある時期を境にぱったりと行為をすることがなくなり、最悪な場合ベッドを一緒にすることも嫌がられれば、考えられる原因は心変わりしかありません。

たまに、浮気はなくとも夫との性行為に対し年齢を重ねるごとに嫌悪感を抱く場合がありますが、その時は理由を求めればきちんと答えてくれます。女性には毎月生理がありますが、それを理由に何度も断られたり、毎回別の理由を用意したりしているようなら別の男性の存在を疑った方が良いでしょう。どうしても納得のいかない理由ばかり言うようなら、逆にそれを利用して何度でも聞き返すことで、妻の口から浮気を決定づける証言を得られるように仕向けることもできます。

5.自分の私物に触られるのを極端に嫌がるようになった

これまで特に気にせず触れていたのに、急に妻が自分の私物に触るのを嫌がるようになる。特に、財布や手帳、携帯など、その日の行動の様子が分かるものに対して異常なほど警戒心をみせるようなら、浮気と思ってまず間違いないでしょう。

普段から警戒心が強かったなら別ですが、携帯が鳴っているのを知らせただけで鬼のような形相で奪い取るような行動を見せた妻を調査した結果、浮気をしている事実が判明したこともあります。妻の隙を見て、携帯をチェックすることができれば浮気の有無を確認することができますが、中々に難しいと思うのでどうしても気になるようなら専門知識をもったプロの調査員に相談されるといいでしょう。

妻に不審な行動パターンが見つかったら興信所に相談を

普段何気なく共同生活を送っている中でも、よくよく目を凝らすと浮気の証拠となる言動が見られます。奥様の普段の行動を振り返りながら、上記の5つのパターンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

妻の浮気・不倫で悩まれている方は、東京興信所にお気軽にご相談下さい。