探偵事務所への依頼に限らず、物を買ったりサービスを受けたりする時に必ず知っておきたいのが『相場』です。

なぜなら、相場を知らなければ、まったく同じ商品を高値で買って損をしてしまったり、逆に相場より極端に安いサービスを申し込んだらサービス内容が粗雑であったりすることがままあるからです。

まずは、探偵や興信所の料金相場の根拠となるデータを見てみましょう。

調査員1名の1時間当たりの料金(社団法人日本調査業協会公表)

このデータは、(社)日本調査業協会という、非営利法人として設立された一般社団法人が公表してるものです。

日本でもっとも組織的な規模の大きい団体が公表している数字ですので信憑性は高いといえます。

ご覧の通り、約9割の探偵社が、調査員1名1時間の単価を5000円~12500円の間に設定している。つまり、単価が5,000円~12,500円の間であれば相場の範囲内ということになります。

では、調査員1名1時間の単価が5000円~12500円の間なら「相場の範囲内だから依頼してもOK」と考えて良いのかといえば、それは大雑把過ぎます。一例を挙げて説明をしましょう。

例えば、浮気調査を調査員2名、1週間、1日5時間で依頼したとします。
調査員1名1時間5000円で計算すると、5000円×2名×7日×5時間=35万円
調査員1名1時間12500円で計算すると、12500円×2名×7日×5時間=87万5千円

その差なんと、52万5千円もあります。
もちろん調査期間の短長によって差額は違ってきますが、調査時間が長ければ長いほどその差は拡大していくことに気付いた方も多いのではないでしょうか。

最初に載せた円グラフを見ると、24パーセントの探偵・興信所が調査員1名1時間あたりの単価を5000円~7500円に設定していることがわかります。つまり、約4社に1社がこの範囲の料金設定で事務所を経営できているのです。

とすれば、難しく考えることなく、単価が5000円~7500円の範囲内の金額設定の探偵社を幾つかピックアップして、その中からさらに条件を絞り込んで自分にぴったりの探偵事務所や興信所を選べばよいことになります。