毎日同じ家で過ごしているのだから、浮気する隙なんてない。そう思っていませんか?

浮気をするのに隙があるとか時間の有無はあまり関係ありません。元々浮気心を持っている人なら、その場の勢いで関係が始まるからです。つまり、浮気を防ぐには浮気心を持たせないようにすればいいのです。浮気の原因である浮気心を失くすために妻ができる5つの対策方法をご紹介します。

1.家庭内で夫の居場所を明確にする

夫を必要とする態度、雰囲気を作る

夫に限らず、誰だって自分の明確な居場所を求めています。その場所にいることで、自分の価値を

評価してもらえるからです。男性の場合ですと、夫または父親として一家をまとめあげる大黒柱のような存在になることが求められます。求められることで、家庭内での立ち位置は明確化されますが、あまりに求めすぎてもいけません。過度な期待がプレッシャーとなり、外へと癒しを求める浮気心を作りかねません。ほどよい期待と迎える温かさが重要となります。

互いに尊敬しあう気持ちを持ちましょう

夫婦はお互いに励まし、支え合う関係だと私は思っています。

支え合う上で必要な尊敬と思いやりの気持ちは、毎日何らかの形で相手に伝えることが重要です。

たとえば毎日の通勤時の「いってらっしゃい」に始まり「おかえりなさい」「お疲れ様でした」や、何か家の事を手伝ってくれたなら「ありがとう」と伝えるなど、伝え方は人や状況によってはまちまちです。

夫婦間において、やって当たり前のことなんてありません。一つ一つの動作に意味と思いやりが込められています。今夫がしている行動が後々自分のためになるものと考えれば、自然と感謝や労りの言葉がでてくることでしょう。

2.隠し事はしない

1では、互いに感謝の気持ちを抱くことでよりよい夫婦関係を築き、浮気を予防するとお伝えしました。感謝の気持ちを持つことも勿論大切ですが、互いに隠し事をせず、何かあればその都度きちんと話し合い、相談をするよう家族全員で取り組めば信頼深い関係へとなれます。さらに、隠し事がないので、無駄に気負うこともなく、自宅に帰ればのびのび過ごせる快適な家庭環境を作ることができます。

3.夫に対し、あまり素の部分を見せない

結婚前と後とで夫に対する態度を変えてはいませんか?

『結婚前は自分に尽くしてくれて、家事にも積極的だったのに最近では雑になってきている』『初めは家の中でも身なりを綺麗にしていたのに、今ではすっかりオバサンになってしまった』などなど、夫婦の時間に慣れた頃に見え始める素の部分に、結婚前とのギャップを感じてしまい妻への愛情が冷めてしまうことがあります。そうなると、浮気が始まるのはあっという間です。出来る限り結婚前と変わらない態度を維持し、夫に求められる妻であるよう心掛けましょう。

4.夫の趣味を理解する

性別に関係なく、誰にだって趣味はあります。読書や釣り、買い物など、様々です。そしてそれらを楽しむために休日を丸々使うことがあります。しかしながら、家庭を持つとなると中々自分の好きなように休日を使うことができません。折角の休日なのに、やりたいこともできないなんて、ストレスが溜まってしまいますよね。溜め込まれたストレスを発散するのは、家庭の外が一番です。そして次第に家庭の外へ求めるものが増え、浮気につながりかねません。そうなる前に、対策を打ちましょう。

例えば、月に1~2回に夫の完全休養日を作る方法です。

この日だけは何をしても許される日です。趣味に没頭して夜更かしをするのもいいですし、ずっと寝て過ごしてもいいでしょう。夫婦二人で何もせずにまったりする日も素敵ですね。互いに心身ともに休める日を作ることで、精神的余裕が生まれ、理不尽な言い争いをすることもなくなるでしょう。

5.自分が浮気をしない

これはもう大前提ですね。

夫の浮気の原因の一つに、妻の浮気があります。浮気を浮気で仕返しされることのないよう、自らも浮気をではありません。互いに浮気を疑わせるような言動は控えましょう