その調査、大丈夫?見落としがちな浮気調査の落とし穴ランキング

夫や妻の浮気調査を依頼したものの、中々結果が出ないからと言ってずるずると期間を伸ばされて

いませんか?調査期間を決めるのは、依頼者であるあなたの意思です。浮気調査を依頼して過去失敗した!という方の貴重なご意見をランキング形式でまとめました。

1位.調査を依頼する際の契約内容

少ないリスクでより正確な結果を求めるのであれば、依頼内容と契約内容をしっかりと把握しましょう。

専門の人に任せれば大丈夫。というわけではありません。

勿論、きちんと一から説明して依頼者が納得するプランを提案してくれる業者もいます。

ですが、中には調査にかかる料金設定をうやむやにし、業者側に有利な契約・調査を行おうとするところもあります。

依頼を予定する業者が設定しているプランや調査方法を事前に把握しておき、

「○○プランのほうがこの調査には向いていると思うので、こちらでお願いしたいのですが~…」

と、こちらからプランの提示をすればそれが依頼者の要望になるため、無理に高額プランを勧められることはまずないでしょう。

2位.調査中のイレギュラー

問題なく調査を依頼できたとしても、いざ調査自体がスムーズに進むとは限りません。

調査料金は、調査日数に比例します。そのため、できるだけコストを抑えて調査をしようとすると短期のうちに成果を出さねばなりません。

極端にいえば、3日間の調査を依頼されてもその間ターゲットが必ず行動を起こすとは限りません。毎日相手と接触して浮気を試みる強者は、なかなかいません。

不倫カップルは大体1週間に1~2回のペースで接触します。

業者側としては確実に成果を出したいので一週間のプランを提案するでしょう。ですが、低リスク・ロ ーコストで結果を得たいのであれば事前にターゲットの動きや予定を把握しておきましょう。

これをきちんとしていないと、どんなイレギュラーが起こるか分かりませんよ。

3位.調査失敗の可能性

調査を行うにあたり、対象となるターゲットの顔や名前、車のナンバーや住所などは調査上とても重要なものです。

これらの情報は依頼者から提供いただくものになります。そのため、依頼者から提供される情報が違っていたりすると、調査が失敗に終わったり、最悪の場合調査自体できないこともあります。

もうお分かりかと思いますが、浮気調査に限らず何かしらの調査を依頼するには、ターゲットについて情報をまとめておくのは必須事項です。

問題なくスムーズに調査を行うには、依頼者からの協力がとても重要になります。依頼時には、信用できる最新の情報をご用意ください。