浮気する方にメリットはあっても、デメリットはない。そう思われる方は少なくないでしょう。

何か行動を起こす時、メリットとデメリットは必ず起こります。では、浮気をすることで起こるデメリットとは?浮気経験のある夫が男性目線で答える、浮気をすることのメリット・デメリットについてご紹介します。

浮気をすることのメリット

浮気をすることで得られるメリットは、以下の通りです。

  • 退屈な日常から解放される
  • 日頃からスリルを楽しむことができる
  • 結婚後も妻以外の女性と関係を持てることに、男としてのステータスが高いと感じることができる
  • 妻が妊娠中、または育児中であるために発散できない性欲が解消される
  • 妻や子どもなど、家庭から離れられて、自分を解放できる
  • 心から安らげる場所を得ることができる

既婚男性、つまり夫目線での浮気をすることのメリットは様々あるようです。

女性にとって浮気は、「優秀な雄の遺伝子を残す」と言う生存本能に近い無意識での行動とされています。逆に男性にとっての浮気は、「雄としてより多くの遺伝子を残す」という意識的行動なので、男性にも似たようなことが言えます。男女ともに年齢が上がるにつれ性欲は衰えますが、その分精神的な安定を求めるようになります。

浮気をすることのデメリット

浮気をすることで起こるデメリットは、浮気をすることで得られるメリットと同じ数だけ存在します。

  • これまで安定的だった日常が不安定なものとなり、精神的疲労が溜まりやすくなる
  • 浮気が妻や家族に知れた場合、一気に反感を買い世間体が気まずいものとなる
  • 自分が思っていた結果通りになるとは限らない(例:浮気相手との再婚を望んでいたけれど、現実は妻にも相手にも愛想を尽かされて一人になる)
  • 浮気相手との逢瀬にコストがかかりすぎる場合がある
  • 職場に知れた場合、降格または退職を言い渡されるかもしれない
  • 妻に浮気のことが感づかれないよう気をまわしすぎて多大なストレスになりかねない

メリットと同様、浮気をする既婚男性視点から分かるデメリットは様々です。

ただし、メリットとはデメリットとはあくまで可能性として考えられることです。どちらも浮気をすることが前提の内容ですが、メリットは浮気をすることで確実に得られるものです。けれど、デメリットの場合は「~すれば」「~した場合」など、浮気をして以降分かることになります。浮気をする前の段階では分かりにくい可能性なので浮気をして、ばれずに楽しむことが出来た人は味を占め、浮気を繰り返すようになります。

浮気をしている、またはするかもしれない。浮気癖がある人がパートナーの人は、浮気をすることのデメリットを日頃から相手に伝えると良、浮気をすることの怖さ、愚かしさが身についてくるので、よいい浮気防止策になることでしょう。