騒音編【嫌がらせ実例】

騒音とは、隣近所などから常識の範囲を超えた音量で音楽やラジオの音が住宅地に響き、そこで生活する住民の住環境が侵害されることをいいます。また時として本人も無意識のうちに騒音を発している場合もあります(道路整備時の機械音など)。このページでは、騒音にまつわる嫌がらせの被害に遭われた方にご協力いただき、ご自身の実体験をご紹介しております。これにより、騒音を発することで起こる様々な危険性をご理解いただけたら幸いです。

騒音被害による周辺住民の被害(40代 女性)

数年前に一時ニュースで大きく取り扱われた「騒音おばさん」の話をご存知ですか?
24時間大音量でラジオや音楽をならし、近所に住む住民に対し出ていけと怒鳴りちらしていました。
その住民とは以前からトラブルがあり、実は住民もまたおばさんに対し嫌がらせをしていたことが後々判明します。やったからやり返す。気にくわないから追い出す。そんな子どものような考え方で

ご近所を巻き込む大騒動へと発展しました。これにより、毎日一日中響く音が原因でノイローゼになった方。体調を崩され、引っ越しをした人も中にはいるそうです。騒音による嫌がらせは、対象者だけでなくその近辺に住む住民までを巻きこむ大きな事件となりました。

隣人による騒音被害(31歳 女性)

先日、ゴミだしの日を間違えていた隣室の女性(年配の方)に声をかけてからというもの毎朝テレビは大音量で流れ、ラジオや音楽、はたまた楽器を使いつつ壁を叩いてきます。
夜は寝る時間になり寝室に夫婦で入るとコツコツコツコツコツと壁をずっと叩く音がします。

これが毎晩続くので私も旦那も寝不足でイライラしていました。いい加減やめてください!と文句を言いに行きましたが、そんなことは知らない。自分がやった証拠があるのか?と言いくるめられてしまいます。物音を出している証拠なんてどうやって掴むのかも分からず
イライラは募るばかりです。どうにかしたらよいのでしょう。誰か助けてください・・・。

毎晩家の前で爆音が響きます(46歳 女性)

先日、彼氏と別れて家に戻ってきた娘は、元彼から毎晩音楽を大音量で流しながら暴言を浴びせられています。娘の元彼はいわゆるDV彼氏というやつで、暴言・暴力は当たり前で最近ではほぼ監禁状態になっていたそうです。それを彼氏が寝ている隙をみて家に戻ってきた娘に気付いた男が、毎晩家の前に車を停め、大音量で音楽を鳴らしつつ玄関の戸を叩き、ひどい罵声を浴びせます。

娘も私も恐ろしくて毎日警察を呼んで追い払ってもらいますが、警察が帰るとまたすぐにやってきます。ご近所の方々からいい加減にしてくれと言われ、本当に参っています。男に口で言っても警察が注意してもまったく効果がありません。飽きるまで放っておくしかないのでしょうか。毎日名指しで馬事罵声を浴びせられる、娘の精神状態が心配です。