単身赴任中でもできる、妻の浮気をチェックする3つの方法

仕事とはいえいつ終わるかも分からない長期間の単身赴任中の間、奥様を家に一人留守番させてしまうのは何かと心配ですよね。けれど、そんな旦那様の気持ちを余所に、奥様に浮気の疑惑が。すぐに駆けつけて確認したいけれど、遠方にいるために中々難しい。そんなもどかしい思いを抱えていらっしゃる方のために、単身赴任中でもできる奥様の浮気をチェックする方法をご紹介します。

妻の携帯に浮気防止アプリを入れる

以前ニュースでも取り上げられたことがある『浮気防止アプリ』。これは、浮気をしてほしくない対象者の携帯電話に使用者が今どこにいるかを知らせる追跡アプリや、使用者が行っているメールのやりとりをそのまま自動転送できるアプリになります。プライバシーの問題が指摘され、今ではあまり利用者はいないようですが、単身赴任中や遠距離恋愛中で傍にいられず不安なカップル同士で利用する方もいます。可能ならば、後々の争いを避けるべく事前に妻に了承をもらった上でアプリをダウンロードするとベストですが、そうすると警戒されて中々証拠が掴めなくなります。浮気を確信してから帰省した際に、妻の隙をみてアプリをダウンロードしましょう。ただし、普段から細かくアプリや内臓量のチェックをされている方ですとすぐに気付かれてしまう恐れもあるので、注意しましょう。

帰省した際に、家の中に盗聴器・盗撮器を仕掛ける

帰省した時が浮気を確かめる、大きなチャンスとなります。妻の目を盗み、自宅の玄関やリビング、寝室などに盗聴器や盗撮器をセットして浮気現場を押さえるための準備をしましょう。妻が自宅に居ると不都合がある場合は、妻の友人や両親を使って前もって予定を入れさせ、外出中にセッティングしましょう。最近の盗聴機器類は、ネット通信で繋がっているものもあるので、それらを利用して赴任先からチェックすることも可能です。

もしも妻に機器類の存在が知られたら、あくまで知らないふりをしましょう。もしくは、赴任中一人で家にいる貴女(妻)を案じて防犯のためにセットしたと言えば、大きないざこざは起きないでしょう。

調査員に依頼する

多少コストはかかりますが、最も確実に、そしてリスクの少ない方法になります。

調べることを専門とした業者ですので、周囲に不信感を与えずに速やかに依頼をこなしてくれます。

あまり知識や道具のないまま遠距離にいる妻の浮気を調べるよりも、妻がいる自宅近辺で直接調査員に張り込みや尾行などして調べてもらう方が、より確実で正確な情報を得ることができるでしょう。

遠方にいながら調査員へ指示を出したり、経過報告を受けることもできるので金銭的に余裕がある方、もしくは時間に追われている方が利用されるケースが多くみられます。