相手の携帯電話のデータをパソコンに移して自分で浮気調査をする方法

誰しもが必ず、と言ってよい程持っている物と言えば「携帯電話」ですよね。
今ではこの携帯電話で電話、メール、スケジュール管理、画像管理など、ただの電話の域を超えて自分自身の生き写しともいえる存在になっています。

という事は、浮気を調査するには「携帯電話の中身を調べれば実態がわかる」と、いっても過言ではないでしょう。メールはもちろん、画像なども残せる為、決定的な証拠をつかめる可能性もありますよね。

最近のパートナーの様子で確認する。

パートナーが言動が最近おかしかったり、携帯ばかり気にしたり、と不審な行動が多くなってくると、どうしても疑いたくなりますよね。
「ああ。携帯電話の中身をどうしても見たいんだけど・・・」といった気持ちに苛まれることでしょう。

しかし、パートーナーの携帯電話を仮に見れたとしても、相手が電話を離した数分の間に全部のデータを確認する事はかなり難しいですし、正直覚られる可能性も高く、時間もかかってしまいます。

もし、相手が浮気をしていなく自分が携帯を見てしまった、となれば二人の信頼関係にもヒビが入ってしまい現実的な浮気チェックとはいえません。
「じゃあ、一体どうすればいいの!?」といった方にお勧めの方法があるんです。

携帯電話のデータをパソコンに移す

それは、携帯電話のデータをパソコンの中に完全にコピーするといった方法です。
ちなみに、前ページで紹介した暗証番号をパソコンで解析する、といった方法と一緒なのですが、自分のパソコンで相手のデータを確認出来るため、パートナーがいない間にゆっくりデータの中身を見る事が出来るのです。

パソコンに携帯電話のデータを移す際の注意点

携帯電話のデータをパソコンに写す前に、気をつけてほしい点があります。
まず、相手に現場を見られるのはもっての他ですが、パソコン内の情報を見られないようにしてください。調査をしているのに、あなたが相手に不審がられたのでは、本末転倒です。

まぁ浮気をしている事を隠し通せてると、勘違いしているぐらいの相手にその言動が覚られるかどうか微妙ですが、絶対に見破られない。
といった自信がある方だけ続きをご覧下さい。

パソコンに携帯電話のデータを移す方法

まず、調査に必要なのは、※1携帯電話用のソフトです。
特に、暗証番号を解析してくれるソフトを使用しているのであれば相手の携帯電話の中身は、すぐにコピーする事が可能です。

しかし、元々このソフトは浮気調査用の為ではなく、本来携帯電話のデータなどをバックアップする目的で作られたものです。本当は違法である事は承知しておいてください。

ソフトは、データのコピー用である為、分かりやすくどこにどのデータが入っているのかわかります。この機能を利用すれば時間短縮にもなり、調査をしやすくなるでしょう。

基本的にこのソフトは、ほとんどのMACやWINDOWSの機種・OSに対応しているので、古過ぎないパソコンでない限りは使用可能です。

また、ソフトに説明書も付いていますのでCDを入れたら手順に従っていけば良いので、パソコンが苦手な方でも大丈夫でしょう。後は付属品のパソコンと携帯電話をつなぐケーブル(USBケーブル)をつなげば完了です。

ケーブルは単体でも販売しているので、家電量販店の店員さんに聞くとよいでしょう。

早く調査したいと、はやる気持ちを抑え確実に準備は行ってください。一番恐れなくてはならないのは、パートナーに知られてしまう事です、確実に分からない様に調査手順を踏んでください。当事者にとってみれば事は一刻をあらそいますが、落ち着いて調査しましょう。

※携帯電話ソフト(この他にも有 対応機種を要確認)

SSI TRISTAR 「携帯万能」シリーズ

ケータイ・リンク

ソースネクスト 「携快電話」シリーズ