自分の浮気が原因で別れた元カノは今…【行方調査実例】

【相談内容】

依頼者(30代男性)と対象者(女性)は職場で知り合い、将来は結婚も視野に入れて交際をスタート。しかし、男性の浮気が原因で恋人関係は破綻してしまう。以来、両者は疎遠な関係となったが、男性の側には後悔の念も強く、元カノの存在が気になり続けていた。3ヵ月後、意を決した彼は関係を修復すべく、彼女にアプローチを試みる。しかし、いざ彼女のもとを訪ねてみると、かつての住居(アパート)には別人が住んでおり、所在が分からなくなっていた。電話も通じず、連絡も取れないことから、男性は元カノの所在調査を当社に依頼した。

【調査内容】

初回のヒアリングにおいては依頼者の交友関係を調査。元カノと共通の友人を洗い出した。残念ながら、彼女の所在を知る人物はその中に含まれておらず、調査対象の変更を余儀なくされる。彼女のかつての勤め先、電話番号からも足取りはつかめなかった。しかし、聞き込み調査の過程で対象者の出身校を知る人物と出会い、事態が大きく進展。当社は対象者の卒業年度の卒業アルバムを入手し、実家の住所を特定する。

次いで、(探偵としての身分は明らかにせず)同級生という形で対象者の両親にアプローチ。結果、現在の彼女の所在(住所)を把握できた。依頼者からは、所在確認の後に新しい恋人の有無を確かめて欲しい、と要望があったため、本人を確認したうえで身辺調査に移行。約1週間に渡り尾行・張り込みを行い、男性の影が無いことを確かめた。

【調査結果及びその後】

調査報告に男性は喜んでいる様子であったが、いきなり対象者のもとを訪ねると警戒されてしまう可能性もあるため、当社は自然な形で再会をするように促した。依頼者は彼女の勤め先(飲食店)を偶然に訪れた客として、再度彼女と交流を持つようになった。地道にアプローチを続けたそうで、1ヵ月後には見事復縁、恋人として交際を始めたらしい。

元カレや元カノの行方調査を依頼される方の多くは、当事例のように復縁を望むケースも少なくない。必ずしも目論みどおりに関係が修復されるとは限らないが、交際を再開するカップルも多い。ただし、強引に迫るとトラブルに発展する恐れもあり、復縁の望みも絶たれてしまうので、事後対応の一環として、適時当社よりアドバイスを提供させてもらっている。

当事例のように、元恋人が結婚していないか、現在どのような生活を送っているのか、人探しと合わせて身辺調査を依頼されるケースが多い。その場合には別途料金が生じるので、予算を考慮しつつ依頼を検討して頂きたい。過去の事例を踏まえていうと、すでに新しい恋人がいる場合や、結婚をしているケースについては、復縁は諦め(もしくは保留し)旧交を温める程度にしておいた方が無難であるといえる。いずれにしても、気持に区切りを付けるという目的において、元恋人の近況を知ることには少なからぬ意義が見出せるだろう。