単身赴任中の夫の浮気を予防するための3つの対策方法

仕事の都合上、夫と離れて暮らす妻が抱える心配ごとはたくさんあります。

体調の心配もですが、浮気も心配される方は少なくありません。信じてはいるけれど、どこか心配な妻が夫の浮気を予防するために、今からできる3つの対策方法をお伝えします。

日々の連絡を習慣づける

遠距離にいるからこそ、定期的に連絡をとりましょう。

例えば毎日の朝・晩の食事の時間を揃え、モニターを通して家族と顔を会わせ、会話をする習慣をつけましょう。会話が難しいようなら、互いの生活の一場面を写メールする。どんな形でもいいので、毎日連絡をとりあいます。

少し頻繁かな、と思う位の回数で丁度いいでしょう。そうすれば、突然連絡が途絶えたとき相手の異変にいち早く気付くことができます。と、同時に普段何をどんなふうに過ごしているかを把握することができるので、相手の浮気を疑う気持ちを抑えてくれます。

定期的に顔を会わせる機会を設ける

仕事や家庭の事情で離れて生活していても、会えないわけではありません。

お互いのスケジュールを合わせて定期的に顔を会わせる機会を作りましょう。突然訪問して、夫を驚かせるのもインパクトがあり、会話が弾むかもしれません。

たまにしか会えないからこそ、思い出や印象に残る演出で夫の中にあなたの存在を強く刻みつけましょう。

共通の話題・趣味を持つ

2人で共通の趣味や話題を作りましょう。例えば、家庭菜園で同じ種類の野菜や植物を育て、互いの進捗状況を伝えあうことで、同じ悩みを持つ者同士会話が弾むことでしょう。

通信教育を習い始めるのもよいでしょう。お互いに競争心をもって取り組めば、より熱心に学習し互いを高め合うことができので、正に一石二鳥ともいえます。

もしお子さんがいるなら、お子さんと共通の趣味を持つことで親子の会話を楽しませましょう。

子どもは純粋に父親を慕い、たくさん話しかけてきます。我が子に慕われて嫌悪感を抱く父親は、そうはいません。遠く離れていても、夫のことを慕い、帰りを待つ家族がいることを夫に実感させることができれば、自然と寂しさをは薄れ、癒しを求めて外出することもなくなるでしょう。

離れているからこそ、相手に対したくさんの気持ちや感情を伝える必要があります。相手を思う気持ちを互いに確認しあうことで、2人の絆は近くに居る時よりも強まるでしょう。互いの絆を強め、浮気をしようとする気持ちや考えを打ち消してしまいましょう。